忍者ブログ

中国文学 李白・杜甫・韓愈・李商隠と女性詩 研究

詩の訳注解説をできるだけ物語のように解釈してゆく。中国詩を日本の詩に換えて解釈とする方法では誤訳されることになる。 そして、最終的には、時代背景、社会性、詩人のプロファイルなどを総合的に、それを日本人的な語訳解釈してゆく。 全体把握は同系のHPhttp://chubunkenkyu.byoubu.com/index.htmlを参照してもらいたい。

(9)中国史・女性論 《§-2 垓下の戦い》3. 項羽の最後 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10315

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

(9)中国史・女性論 《§-2 垓下の戦い》3. 項羽の最後 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10315

 

2018320

の紀頌之"6"つの校注Blog

寄上王三首其三

釋言§3-3〔#06

釋言§3-3〔#06

【字解集】-10菩薩蠻其一~五

雜詩九首其三  3.鮑照

§-2 垓下の戦 3.項羽の最後

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

 

2018320

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

748年-6《寄上王三首其三(卷十四(一)八九四)》漢文委員会k...

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

807年-09元和二年40歳《釋言§3-3》〔#06〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10282

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

807年-09元和二年40歳《釋言§3-3》〔#06〕Ⅱ漢文委員会kanbuni...

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (3)回目《孫光憲【字解集】-10菩薩蠻五首其一~五》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10341 (03/20)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

玉臺 巻四巻4•3-1-3-1雜詩九首其三 擬樂府白頭吟 3.鮑照   Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻四ブログ10328

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

(9)中国史・女性論 《§-2 垓下の戦い》3. 項羽の最後 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10315

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

9)中国史・女性論 《§-2 垓下の戦い》3. 項羽の最後 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10315

 

 

 

 

 

中国史・女性論

 

 

 

項羽と虞美人

 

§-2 垓下の戦い

1. 垓下の詩  -

1. 垓下の詩  -

2. 虞美人について

3. 項羽の最後

4. 項羽の死にざま

 

 

 

10. 項羽の最後

垓下の戦いの劉邦軍の主力は、准陰侯韓信のひきいる軍士たちであったが、戦いに敗れた項羽は、逃れて南のかた揚子江畔の烏江(安徽省南京市の西南対岸)めざし退去していった。かさねて『史記』の「項羽本紀」をみると、項羽の最後をドラマチックにもりあげている。

それによると、別れの酒宴を終わったのち、項羽は夜陰に乗じ麾下八百余騎をひきいて漢軍の重囲を突破して南走し、准水を渡渉してようやく陰陵(江蘇省定遠県の西北)にたどりついたものの、この間一〇〇余キロあまりの強行軍に従う騎馬は百余騎にすぎなかった。そのうえ道に迷って大沢中にふみ入り、ついに漢の追討軍に追いつかれる羽目になった。

そこでかれは東方に道をかえて東城(定遠縣の東南)にゆきついたときには、従騎はさらに減って二十八騎にすぎず、背後にせまる漢騎は数千、とうてい逃れがたいことを覚った項羽が、その部下たちをふりかえって言ったことばは、

われ兵を起こしていまにいたる八年、自ら戦うこと七十余戦、いまだかつて敗北したことなく、ついに天下の覇者となった。しかるに、いまここで、このような羽目になったのは、天がわれを見すてたからで、わが戦いの拙ないせいではない。いまじぶんは死を決意した。

そこで諸君のためにこれから決戟し、三たび戦ってかならず勝ち、諸君のために敵の囲みをやぶり、敵将を斬りその旗をうばって、諸君に天がわれを亡ぼすので、わが戦いの拙ないせいではないことを知らしてやろう云云。(『史記』「項羽本紀」)

 

この『史記』 の一文は、司馬遷がさきの「垓下の詩」に対応させて記述したものであろう。項羽は「わが力は山を抜き気は世を蓋う」ほどと過信する自己の武力と気力とを、いまや死を目前にしながらも、部下たちに誇示しようと決意した。そしてかれはその決意どおり、約束どおり、漢軍の先鋒と戦って、敵将と一都尉とを斬り、数十百の敵をたおし、また敵の手から旗をうばったのであった。

こうして項羽は、ここでも敵の重囲をやぶって脱出し、東南のかた烏江に走った。『史記』には「ここにおいて項王は東のかた烏江を渡らんと欲す」とあって、この瞬間まで項羽は烏江(南京の西南対岸、安徽省)から揚子江を渡って、かれが最初に兵をあげた江東に逃れ、再起をはかる考えであったことを伝えている。(「楚・漢戦争関係略図」参照)

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
漢文委員会 紀 頌之(きのあきゆき))
年齢:
72
性別:
男性
誕生日:
1946/09/10
職業:
文学者
趣味:
中国文学
自己紹介:
漢詩から唐・宋詩まで基本となる詩人・詩集を各全詩訳注解説してゆく、その中で、これまで他ブログに、掲載した女性の詩を、手を加えて、整理して掲載してゆく。
これまで日本では紹介されていないもの、誤訳の多かった詩などを、時代の背景、出自、その他関連するものなどから正しい解釈を進めてゆく。
毎日、20000文字掲載しているので、また、大病後で、ブログコミュニケーションが直ちに取ることができないけれど、精一杯努力してお返事いたします。

P R