忍者ブログ

中国文学 李白・杜甫・韓愈・李商隠と女性詩 研究

詩の訳注解説をできるだけ物語のように解釈してゆく。中国詩を日本の詩に換えて解釈とする方法では誤訳されることになる。 そして、最終的には、時代背景、社会性、詩人のプロファイルなどを総合的に、それを日本人的な語訳解釈してゆく。 全体把握は同系のHPhttp://chubunkenkyu.byoubu.com/index.htmlを参照してもらいたい。

(8)中国史・女性論 《§-2 垓下の戦い》2. 虞美人について 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10308

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

(8)中国史・女性論 《§-2 垓下の戦い》2. 虞美人について 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10308

 

2018319

の紀頌之"6"つの校注Blog

送楊燕之東魯-#1

毛頴傳§5-3〔#15

昔遊-#4

孫光憲 菩薩蠻五首其五

雜詩九首其二.  3.鮑照

§-2垓下の戦い》2.虞美人

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018319

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

748年-5《寄上王三首其二(卷十四(一)八九三)》漢文委員会k...

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

2018319日の紀頌之"6"つの校注Blog

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

(参考) 昔遊二首其二-#5 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10298

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (398)回目《孫光憲巻八05菩薩蠻五首其五》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10327 (03/19)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

玉臺 巻四巻4•3-1-2-3雜詩九首其二. 代京洛篇 3.鮑照   Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻四ブログ10321

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

(8)中国史・女性論 《§-2 垓下の戦い》2. 虞美人について 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10308

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

8)中国史・女性論 《§-2 垓下の戦い》2. 虞美人について 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10308

 

 

 

 

中国史・女性論

 

 

 

項羽と虞美人

 

§-2 垓下の戦い

1. 垓下の詩  -

1. 垓下の詩  -

2. 虞美人について

3. 項羽の最後

4. 項羽の死にざま

 

 

 

2. 虞美人について

劉邦の愛妾戚夫人が楚の舞を舞ったことに関連して、項羽の寵姫虞美人についてもみてみよう。

『史記』には虞は名といい、『漢書』は姓というが、おそらく『漢書』の万が正しく、虞はこの女性の姓であろう。伝えられるところでは、虞姫の一族は、山東の領主斉国の官僚であったが、斉国が家臣の田氏に奪われると、虞氏一族は田氏討伐に向かった項羽軍に内応しょうとして、その企てがばれ、かの女が十四 五歳のとき両親も田氏の軍に斬られたため、天涯の孤児として路傍に投げ出されていたところを、折りよく行軍中の項羽の目にとまって救い出され、やがてまだ正妻をもっていなかった項羽の愛妾として陣中に留められ、楚・漢の戦いの数年間を通じて、常に項羽と形影相伴いつつ、ついに垓下にたどりついたのであった。このような項羽と虞姫との出会いは運命的というほかあるまい。

ちなみに、虞美人の「美人」は、普通名詞ではなく、劉邦の愛妾戚夫人や唐の玄宗皇帝の寵姫楊貴妃などの「夫人」とか「貴妃」などと同じく、後宮の女官の位階を示す名称で、楚王項羽の寵姫虞氏の意である。

さて唐の張守節の『史記正義』には、陸賈の『楚漢春秋』によったとして、垓下の帳中での項羽の垓下の詩に唱和して虞姫も

漢兵己略地、四万楚歌声、大王意気尽、賎妾何柳生

漢の兵はすでにわが地を略し、四方に楚歌の声がする。わが大王(項羽)の意気は、つきてしまったうえは、妾もなんぞ生を安んじられようぞ

とうたったという。この虞姫の詩について、前記の『楚漢春秋』には、後世の付加、ざん入が多いという点から、学者のあいだに、後人の偽托とする説もある。しかしこの五言詩が、たとい後人の偽托であるにしても、最後まで項羽に殉じようとする虞姫の一途の心情をよく詠みあらわしているといえよう。虞姫こそは、楚・漢抗争のかげに散った一輪の名花といえよう。

『史記正義』は、唐初の魏王泰らの撰である『括地志』を引いて

虞姫の墓は、濠州定遠県(安徽省定遠県)の東六十里に在る。長老たち伝えいう、項羽の

〔虞〕 美人の塚である。

といえば、かの女の墓所は、安徽省東城の近くに在ったことが知られる。かれこれ思いあわせると、かの女は、項羽に従って垓下の囲みを脱出したのち、項羽が陰陵で道にふみ迷って、漢の追討軍に追いつかれ、従騎二十八人とともに、東に道をとって東城におもむく途上で、項羽にみまもられながら、そのみじかい生を終えたもののようである。

さすれば、たとい薄命ではあったにしても、かの女は幸せな最後をとげたものといえよう。事実ははたしてそのようであったか、どうかはわからないが、すくなくとも、その墓の所在を信じるかぎり、このように推測しておきたい。

ともあれ、虞姫は楚漢戦争のかげに咲いた一輪の美人草であった。美人草といえば、わが国の謡曲『項羽』は、観世二代目の世阿弥―室町初期、足利義満に仕える―の作といわれ、項羽と虞美人とを立役にするが、この書は当初、『美人草』という題名であったという。楚漢の戦いのかげに咲いた項羽と虞姫との悲恋物語は、かなり古くからわが国にも伝、えられていたことがわかる。


拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
漢文委員会 紀 頌之(きのあきゆき))
年齢:
72
性別:
男性
誕生日:
1946/09/10
職業:
文学者
趣味:
中国文学
自己紹介:
漢詩から唐・宋詩まで基本となる詩人・詩集を各全詩訳注解説してゆく、その中で、これまで他ブログに、掲載した女性の詩を、手を加えて、整理して掲載してゆく。
これまで日本では紹介されていないもの、誤訳の多かった詩などを、時代の背景、出自、その他関連するものなどから正しい解釈を進めてゆく。
毎日、20000文字掲載しているので、また、大病後で、ブログコミュニケーションが直ちに取ることができないけれど、精一杯努力してお返事いたします。

P R