忍者ブログ

中国文学 李白・杜甫・韓愈・李商隠と女性詩 研究

詩の訳注解説をできるだけ物語のように解釈してゆく。中国詩を日本の詩に換えて解釈とする方法では誤訳されることになる。 そして、最終的には、時代背景、社会性、詩人のプロファイルなどを総合的に、それを日本人的な語訳解釈してゆく。 全体把握は同系のHPhttp://chubunkenkyu.byoubu.com/index.htmlを参照してもらいたい。

Ⅲ 女性文学者班昭とその家系(班家の人びと)) 《§-3 班固と『漢書』》Ⅲ-§-3-4.史記・漢書両書の社会的背景の相違 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10511

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

Ⅲ 女性文学者班昭とその家系(班家の人びと)) 《§-3 班固と『漢書』》Ⅲ-§-3-4.史記・漢書両書の社会的背景の相違 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10511

Ⅲ 女性文学者班昭とその家系(班家の人びと)) 《§-3 班固と『漢書』》Ⅲ-§-3-4.史記・漢書両書の社会的背景の相違

 

2018501

の紀頌之"6"つの校注Blog

《勞勞亭歌-#1

答馮宿書〔#06(§2-2)〕

錦樹行#3

女冠子二首其一

雜詩九首【字解集】A

.史記・漢書両書の社会的背景の相違

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

201851

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

749年 8-#1《勞勞亭歌-#1(卷七(一)五一三)》漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog 10520

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

807年-10 元和二年40歳《答馮宿書》〔#06(§2-2)〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10521

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-246#3 錦樹行(卷二○(四)一八○八)#3卷二○(四)一八○八注(1258) Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10466

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (419)回目《孫光憲巻八26女冠子二首其一》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10530 (05/01)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

3.鮑照 雜詩九首【字解集】A  Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻四ブログ10545

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

Ⅲ 女性文学者班昭とその家系(班家の人びと)) 《§-3 班固と『漢書』》Ⅲ-§-3-4.史記・漢書両書の社会的背景の相違 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10511

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

(Ⅲ 女性文学者班昭とその家系(班家の人びと)) 《§-3 班固と『漢書』》Ⅲ-§-3-4.史記・漢書両書の社会的背景の相違 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10511

 

 

 

中国史・女性論

 

Ⅲ 女性文学者班昭とその家系(班家の人びと)

 

§-1 女流文学者班昭

-§-1-1 才媛、班昭

-§-1-1『女誡』七章

 

§-2 班家の世系

-§-2-1班家の世系

-§-2-2班彪

 

§-3 班固と『漢書』

-§-3-1.班固とその兄妹の生き方

-§-3-2.『漢書』の編纂

-§-3-3.『漢書』と『史記』

-§-3-4.史記・漢書両書の社会的背景の相違

-§-3-5.晩年の班固

 

§-4 班固と西域経営

-§-4-1. 武人、班超の夢

-§-4-2. 漢と匈奴と西域諸国

-§-4-3. 班超と後漢の西域経営

-§-4-4. 班勇

 

 


中国史・古代女性論

Ⅲ 女性文学者班昭とその家系(班家の人びと)

§-3 班固と『漢書』

-§-3-4. 史記・漢書兩書の社会的背景の相異

 

 

4. 史記・漢書兩書の社会的背景の相異

 総じていえば、史・漢両書の相異は、たしかに司馬遷と攻囲との個人的性格差とか、あるいは両者の歴史に対する識見・才能のちがいにもよるであろう。あるいはまた、『史記』が私撰書であるのに対し、『漢書』は詔命をうけて編纂されたという公的立場宅がいもあるであろう。とかく公的立場に立つと、条理の明哲や立場の明確さを重んじるあまり、固い姿勢にならざるをえない。顧炎武が『日知録』(巻二十六「漢書不如史記)に『史記』を許して

令人読之、感慨有余味。……・中略……情態横出、文亦工妙

などというように、『史記』は読者をして知らず知らず楽しませるが、その魅力とは、司馬遷がとらわれない立場―班回はこれを遷の黄老主義として非難するがもから『史記』のなかの登場人物を、天性の自由・潤達な文学的表現で、個性ゆたかに描写していること。さらに強調されることは、かれが受刑後堪えがたい心の痛手を負いつつも、、弱者・不遇者に深い同情をもって、かれらの人間性をみつめている点に、人びとの共成首よぶものがあるということでそれに比べると、『漢書』は個性の描写というよりも、儒教的倫理観によって人びとの行動を律し、また資料もこれに準じて整理し、そこに合理性と画一性とを求めようとした点に、律義さや息苦しさを感じさせるものがあるといえる。

とまれ両書を比較していえることは、司馬遷の生きた前漢の武帝時代と、班国の生きた後漢中期との社会的風潮の相異によるところ大なるものがあるのを見のがしてはならない。

というのは、前漢の武帝によって学問(儒学)の道が開かれたものの、それが社会一般の教義になるまでには、前漠元の二百余年間かかった。そして後漠になると、初代の光武帝、つぎの明帝とも好学の君主であったため、朝廷の庫には書籍が充積していたといわれるように、学問が普及し、その後も君主はもとより后妃にも学問をはげんだ人が多く、群臣たちにも高い教養を身につけたものが輩出している。

 

だから後漢では前漢に比べて社会的秩序が整い、「節義」(道徳的名誉)が重んじられた。しかしその反面、人びとは素朴さを失い、学問・道徳でうわべを飾るようにもなったといえよう。『漢書』が『史記』に比べ儒教倫理的色彩が強く、それだけに道徳的であり、合理的で云すじみちが立っているのは、儒教を表看板にしたこのような後漢の時代思潮、いわば謹厳さをよそおう姿勢の影響によることも大きいと思われる。

具体的な例として、史・漢両書の「游侠伝」をとりあげて説明すると、司馬遷は『史記』游侠伝の序で、游侠者が信義のためには身命をもかえりみないで阨困におもむくという、その志操を高く評価し、さらに人びとが、かれらの真意を察知しないで、みだりに世間一般の暴力団と同義することをなげき弁護している。これに対し班固は『漢書』游侠伝において、『史記』游侠伝から朱家・劇孟・郭解らをそのまま採りいれながら、その序のなかでは郭の行為を難じて、これを秩序・法網をみだる罪人とみなしているところに、両者の立場の相異が、はっきり認められるであろう。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
漢文委員会 紀 頌之(きのあきゆき))
年齢:
72
性別:
男性
誕生日:
1946/09/10
職業:
文学者
趣味:
中国文学
自己紹介:
漢詩から唐・宋詩まで基本となる詩人・詩集を各全詩訳注解説してゆく、その中で、これまで他ブログに、掲載した女性の詩を、手を加えて、整理して掲載してゆく。
これまで日本では紹介されていないもの、誤訳の多かった詩などを、時代の背景、出自、その他関連するものなどから正しい解釈を進めてゆく。
毎日、20000文字掲載しているので、また、大病後で、ブログコミュニケーションが直ちに取ることができないけれど、精一杯努力してお返事いたします。

P R