忍者ブログ

中国文学 李白・杜甫・韓愈・李商隠と女性詩 研究

詩の訳注解説をできるだけ物語のように解釈してゆく。中国詩を日本の詩に換えて解釈とする方法では誤訳されることになる。 そして、最終的には、時代背景、社会性、詩人のプロファイルなどを総合的に、それを日本人的な語訳解釈してゆく。 全体把握は同系のHPhttp://chubunkenkyu.byoubu.com/index.htmlを参照してもらいたい。

薛能 《牡丹四首》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9557

薛能 《牡丹四首》 

 

20171122

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

746-004卷一六八 東魯見狄博通(卷九(一)六○六)Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9524

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

806年- 先生-巻19-10送許郢州序 -#5 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集9462

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-156 向夕(卷二○(四)一七三九)注(1173) Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9498

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (300)回目和凝巻六24望梅花一首 》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9527 (11/22)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

玉-巻三-11 樂府三首其一 豔歌行-#4(扶桑升朝暉) 〔陸  機〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 9514

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

薛能 《牡丹四首》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9557

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

薛能 《牡丹四首》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9557

 


薛濤の詩

牡丹

去春零落暮春時,淚濕紅箋怨離。

常恐便同巫峽散,因何重有武陵期。

傳情每向馨香得,不語還應彼此知。

隻欲欄邊安枕席,夜深閑共相思。

(牡丹)

去春 零落【れいらく】す 暮春【ぼしゅん】の時、涙は紅箋【こうせん】を濕して 別離を怨む。

常に恐れぬ 便ち巫峡【ふきょう】と同じく散ぜんことを、何に因ってか重ねて武陵【ぶりょう】の期あらんとは。

情を傳ふるは 毎に馨香【けいこう】に向って得、語らざるも 遠 應に彼此【ひし】知るべし。

只 欄邊【らんへん】 枕席【ちんせき】に安きて、夜深うして 閒【しず】かに共に相思を説【い】はんと欲す。

薛能の詩 牡丹四首

第四首

牡丹愁為牡丹饑,自惜多情欲瘦羸。

濃艷冷香初蓋後,好風幹雨正開時。

吟蜂遍坐無閒蕊,醉客曾有折枝。

京國別來誰佔玩,此花光景屬吾詩。

(第四首其四)

牡丹の愁は 牡丹に饑ゆるが為なり,自ら惜む 多情 瘦羸せんと欲す。

濃艷 冷香 初めて 蓋するの後,好風 幹雨 正に開くの時。

吟蜂 遍く坐す 閒蕊 無し,醉客 曾ってむ 折枝 有り。

京國 別れ來ってより 誰か佔玩する、此の花の光景は 吾が詩に屬す。

 

 

 <参考>

薛能 牡丹四首

第一首原詩:

異色稟陶甄,常疑主者偏。眾芳殊不類,一笑獨奢妍。

顆折羞含懶,叢虛隱陷圓。亞心堆勝被,美色艷于蓮。

品格如寒食,精光似少年。種堪收子子,價合易賢賢。

迥秀應無妒,奇香稱有仙。深陰宜映幕,富貴助開筵。

蜀水爭能染,巫山未可憐。數難忘次第,立困戀傍邊。

逐日愁風雨,和星祝夜天。且從留盡賞,離此便歸田。

 

第二首原詩:

照初筵,狂遊憶少年。曉光如曲水,顏色似西川。

白向庚辛受,朱從造化研。眾開成伴侶,相笑極神仙。

見焰寧勞火,聞香不帶煙。自高輕月桂,非偶賤池蓮。

影接雕盤動,叢遭惡草偏。招歡憂事阻,就臥覺情牽。

四面宜綈錦,當頭稱管弦。泊來鶯定憶,粉擾蝶何顛。

蘇息承朝露,滋榮仰霽天。壓欄多盡好,敵國貴宜然。

未落須迷醉,因茲任病纏。人誰知極物,空負感麟篇。

 

第三首原詩:

去年零落暮春時,淚濕紅箋怨別離。

常恐便隨巫峽散,何因重有武陵期。

傳情每向馨香得,不語還應彼此知。

欲就欄邊安枕席,夜深閒共相思。

 

第四首原詩:

牡丹愁為牡丹饑,自惜多情欲瘦羸。

濃艷冷香初蓋後,好風幹雨正開時。

吟蜂遍坐無閒蕊,醉客曾有折枝。

京國別來誰佔玩,此花光景屬吾詩。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
漢文委員会 紀 頌之(きのあきゆき))
年齢:
71
性別:
男性
誕生日:
1946/09/10
職業:
文学者
趣味:
中国文学
自己紹介:
漢詩から唐・宋詩まで基本となる詩人・詩集を各全詩訳注解説してゆく、その中で、これまで他ブログに、掲載した女性の詩を、手を加えて、整理して掲載してゆく。
これまで日本では紹介されていないもの、誤訳の多かった詩などを、時代の背景、出自、その他関連するものなどから正しい解釈を進めてゆく。
毎日、20000文字掲載しているので、また、大病後で、ブログコミュニケーションが直ちに取ることができないけれど、精一杯努力してお返事いたします。

P R