忍者ブログ

中国文学 李白・杜甫・韓愈・李商隠と女性詩 研究

詩の訳注解説をできるだけ物語のように解釈してゆく。中国詩を日本の詩に換えて解釈とする方法では誤訳されることになる。 そして、最終的には、時代背景、社会性、詩人のプロファイルなどを総合的に、それを日本人的な語訳解釈してゆく。 全体把握は同系のHPhttp://chubunkenkyu.byoubu.com/index.htmlを参照してもらいたい。

八、2.74 薛濤 《送友人 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9389

八、2.74 薛濤 《送友人 》

 

 

20171031

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

745年 n-63 擬古,十二首之九(巻二四(二)一三八〇)漢文委員会Kanbuniinkai紀頌之Blog9370

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

806年-167 補遺-巻21遣興聯句【案:韓愈、孟郊】-#2 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集9322

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-142#9 寄峽州劉伯華使君四十韻(卷一九(四)#9注(1156) Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9344

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (279)回目歐陽烱巻六南子八首其三》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9373 (10/31)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

玉-巻三-02 擬古七首其二 #1( 擬東城一何) 陸機 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 9374

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

八、2.74 薛濤 《送友人 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9389

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

八、2.74 薛濤 《送友人 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9389

(友人を送る詩)
今、夜もふけて、船出されるあなたをお送りしていると、この水郷の国にある菰の葉にはまっ白く霜が降りて、月はさむざむと、その下につらなっている山々の色とともに、青く冷えきって、さびしい光景をしめしています。
「今宵、千里の旅の別離」などと誰もが言うのですが、わたくしにとっては、千里などの遠さではないのです。あの萬里の長城の、その十倍も百倍もの遙か遠いところへの旅立ちと思うのです。

 

 

 

薛濤詩 

 


73. 寄詞
菌閣芝樓杳靄中,霞開深見玉皇宮。
紫陽天上神仙客,稱在人間立世功。

 

74. 送友人

水國蒹葭夜有霜,月寒山色共蒼蒼。
誰言千里自今夕,離夢杳如關塞長。

 

75. 贈遠二首 其一 

擾弱新蒲葉又齊,春深花發塞前溪。

知君未轉秦關騎,月照千門掩袖啼。

 

76. 贈遠二首 其二 

芙蓉新落蜀山秋,錦字開緘到是愁。
閨閣不知戎馬事,月高還上望夫樓。

 

77. 寄張元夫

前溪獨立後溪行,鷺識朱衣自不驚。

借問人間愁寂意,伯牙弦已無聲。


薛濤の代表的な作品として、いろんな本にとられている作である。「四庫全書提要」の「薛濤李冶詩集」の條には、この詩と、「竹郎府に題す」兩詩は、「向來傳誦するところ為り」と記している。それはこの二首と「柳架」の三簾が、後蜀の韋穀(王建に仕えて監察御史となる)の「才調集」十巻(四部叢刊本あり)に採収されたからであろう。とにかく、その「才調集」の註にもいうように、この詩の「水國の兼葭、夜、霜あり」は名句で、いわば薛濤の代表句である。


 

 

 薛濤 73 《寄詞》

 

 

訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9382

 

  


 

34題竹郎廟 
竹郎廟前多古木,夕陽沉沉山更綠。
何處江村有笛聲,聲聲盡是迎郎曲。
八、2.34 薛濤 《題竹郎廟 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9081

 

18柳絮詠 
二月楊花輕復微,春風搖蕩惹人衣。
他家本是無情物,一向南飛又北飛。
八、2.18 薛濤 《柳絮詠 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ8932

 

71送友人
水國蒹葭夜有霜,月寒山色共蒼蒼。
今、夜もふけて、船出されるあなたをお送りしていると、この水郷の国にある菰の葉にはまっ白く霜が降りて、月はさむざむと、その下につらなっている山々の色とともに、青く冷えきって、さびしい光景をしめしています。
誰言千里自今夕,離夢杳如關塞長。

「今宵、千里の旅の別離」などと誰もが言うのですが、わたくしにとっては、千里などの遠さではないのです。あの萬里の長城の、その十倍も百倍もの遙か遠いところへの旅立ちと思うのです。

 

『送友人』 現代語訳と訳註
(
本文)
送友人

水國蒹葭夜有霜,月寒山色共蒼蒼。
誰言千里自今夕,離夢杳如關塞長。


(下し文)
(送友人)
水國の蒹葭 夜に霜有り,月寒く山色 共に蒼蒼たり。
誰か言う 千里 自ら今夕,離夢は 杳として 關塞の如く長からん。


(現代語訳)
(友人を送る詩)
今、夜もふけて、船出されるあなたをお送りしていると、この水郷の国にある菰の葉にはまっ白く霜が降りて、月はさむざむと、その下につらなっている山々の色とともに、青く冷えきって、さびしい光景をしめしています。
「今宵、千里の旅の別離」などと誰もが言うのですが、わたくしにとっては、千里などの遠さではないのです。あの萬里の長城の、その十倍も百倍もの遙か遠いところへの旅立ちと思うのです。


(訳注)
送友人
1. (友人を送る詩)
2. 本来は大将の人物があったのであろうが、この題の詩は多くの日との別離に宴席で誰もがこの詩を披露するというもので中国人にとっての送別の恒例の物なのである。

 

水國蒹葭夜有霜,月寒山色共蒼蒼。
今、夜もふけて、船出されるあなたをお送りしていると、この水郷の国にある菰の葉にはまっ白く霜が降りて、月はさむざむと、その下につらなっている山々の色とともに、青く冷えきって、さびしい光景をしめしています。
3. ・水國 水多き地方。成都は錦江に臨み、やがて沱江をへて長江へもつながっている。水源豊富な四方を山脈にかこまれ、おおきな成都盆地は水に恵まれているのでかくいう。
4.
 兼葭 あしのくさ。蒹とは。・蒹葭アシやヨシの類.葭 片葉の葦(かたはのあし)。
『詩経・秦風・蒹葭』
兼葭蒼蒼,白露為霜。
所謂伊人,在水一方。
溯洄從之,道阻且長;
溯游從之,宛在水中央

とある。枯れ始めた陰暦九月の候をいう。
河の向こう岸にすむ美しい娘がいる。訪ねようと上流に行くと道が険しく、川を渡るには水が多い。不遇で志を得られぬ、果たせない男、やるせない気持ちを歌ったものである。杜甫のこの詩も最終句「
蹉跎」という語でそのすべてを表している。
杜甫『蒹葭』
摧折不自守,秋風吹若何?
暫時花戴雪,幾處葉沈波。
體弱春苗早,叢長夜露多。
江湖後搖落,亦恐
蹉跎。
秦州抒情詩(13) 兼葭 杜甫 <298> kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1361 杜甫詩 700- 418


5.
 ・蒼蒼 あおあお。また空のほれわたっているさま。ここは月が映え、山の色もそれとともに、あおくくっきりと寒むざむと見えること。成都を最近訪れた人の話によると、四川平原は広漠たるもので、成都から山など見えない、その広さに駕いたということであるが、詩語として味わえばよかろう。杜甫が成都紀行の最後を飾る
『成都府』において
「曾城填華屋,季冬樹木蒼。」
と述べて、成都に着いて薛濤のこの詩と同じような表現をしている。杜甫
「去去才難得,蒼蒼理又玄。」
寄岳州賈司馬六丈、巴州嚴八使君兩閣老五十韻 杜甫 <317-#8> 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1469 杜甫詩 700- 454


誰言千里自今夕,離夢杳如關塞長。
「今宵、千里の旅の別離」などと誰もが言うのですが、わたくしにとっては、千里などの遠さではないのです。あの萬里の長城の、その十倍も百倍もの遙か遠いところへの旅立ちと思うのです。
6. ・杳 はるかなるさま。
薛濤『寄詞』
菌閣芝樓杳靄中,霞開深見玉皇宮。
紫陽天上神仙客,稱在人間立世功。
7. ・關塞 關塞は、関所ととりで。万里の長城もその代表的なものであるから、千里、万里に対するものとして、直感的潜在的にそれを思うもの。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
漢文委員会 紀 頌之(きのあきゆき))
年齢:
71
性別:
男性
誕生日:
1946/09/10
職業:
文学者
趣味:
中国文学
自己紹介:
漢詩から唐・宋詩まで基本となる詩人・詩集を各全詩訳注解説してゆく、その中で、これまで他ブログに、掲載した女性の詩を、手を加えて、整理して掲載してゆく。
これまで日本では紹介されていないもの、誤訳の多かった詩などを、時代の背景、出自、その他関連するものなどから正しい解釈を進めてゆく。
毎日、20000文字掲載しているので、また、大病後で、ブログコミュニケーションが直ちに取ることができないけれど、精一杯努力してお返事いたします。

P R