忍者ブログ

中国文学 李白・杜甫・韓愈・李商隠と女性詩 研究

詩の訳注解説をできるだけ物語のように解釈してゆく。中国詩を日本の詩に換えて解釈とする方法では誤訳されることになる。 そして、最終的には、時代背景、社会性、詩人のプロファイルなどを総合的に、それを日本人的な語訳解釈してゆく。 全体把握は同系のHPhttp://chubunkenkyu.byoubu.com/index.htmlを参照してもらいたい。

八、2.73 薛濤 《寄詞 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9382

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

八、2.73 薛濤 《寄詞 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9382

八、2.73 薛濤 《寄詞 》

 

 

 

20171030

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

745年 n-62-#2 擬古,十二首之八(巻二四(二)一三七九)漢文委員会Kanbuniinkai紀頌之Blog9363

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

806年-166 補遺-巻21遣興聯句【案:韓愈、孟郊】-#1 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集9315

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-142#8 寄峽州劉伯華使君四十韻(卷一九(四)#8注(1156) Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9337

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (278)回目歐陽烱巻六南子八首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9366 (10/30)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

玉-巻三-01擬古七首其一 #2( 擬西北有高) 陸機〔Ⅴ〕漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ9367

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

八、2.73 薛濤 《寄詞 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9382

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

八、2.73 薛濤 《寄詞 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9382

(あなたにこの詩をおくります。)
朝まだきの暗いもやのなかに、菌閣といわれ、霊芝の樓のある道教のお寺のいろいろな建物がねむっている。朝日がさしはじめ、かすみは幕を開き消えてゆき、そのずっと奥の方には、最上神天帝のお住まいになる玉皇宮(本殿)が、あらわれた。
この道数の天上官においては、あなたの吐蕃での功績をお誉めになって、天上から一時的に下界に下られた仙人とされたのです。


 

 

 

薛濤詩 

 

 

73. 寄詞
菌閣芝樓杳靄中,霞開深見玉皇宮。
紫陽天上神仙客,稱在人間立世功。

 

74. 送友人

水國蒹葭夜有霜,月寒山色共蒼蒼。
誰言千里自今夕,離夢杳如關塞長。

 

75. 贈遠二首 其一 

擾弱新蒲葉又齊,春深花發塞前溪。

知君未轉秦關騎,月照千門掩袖啼。

 

76. 贈遠二首 其二 

芙蓉新落蜀山秋,錦字開緘到是愁。
閨閣不知戎馬事,月高還上望夫樓。

 

77. 寄張元夫

前溪獨立後溪行,鷺識朱衣自不驚。

借問人間愁寂意,伯牙弦已無聲。

 

 

 

 薛濤 73 《寄詞》

 

 

訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9382

 

 

 

 

寄詞
(あなたにこの詩をおくります。)
菌閣芝樓杳靄中,霞開深見玉皇宮。
朝まだきの暗いもやのなかに、菌閣といわれ、霊芝の樓のある道教のお寺のいろいろな建物がねむっている。朝日がさしはじめ、かすみは幕を開き消えてゆき、そのずっと奥の方には、最上神天帝のお住まいになる玉皇宮(本殿)が、あらわれた。
紫陽天上神仙客,稱在人間立世功。

この道数の天上官においては、あなたの吐蕃での功績をお誉めになって、天上から一時的に下界に下られた仙人とされたのです。
(詞を寄せる)
菌閣【きんかく】芝樓【しろう】杳靄【ようあい】の中,霞開いて 深く見る玉皇の宮。
紫陽天上神仙の客,人間に在りて世功をて立しを稱う。

 

 

『寄詞』 現代語訳と訳註
(
本文)
寄詞
菌閣芝樓杳靄中,霞開深見玉皇宮。
紫陽天上神仙客,稱在人間立世功。


(下し文)
(詞を寄せる)
菌閣【きんかく】芝樓【しろう】杳靄【ようあい】の中,霞開いて 深く見る玉皇の宮。
紫陽天上神仙の客,人間に在りて世功をて立しを稱う。


(現代語訳)
(あなたにこの詩をおくります。)
朝まだきの暗いもやのなかに、菌閣といわれ、霊芝の樓のある道教のお寺のいろいろな建物がねむっている。朝日がさしはじめ、かすみは幕を開き消えてゆき、そのずっと奥の方には、最上神天帝のお住まいになる玉皇宮(本殿)が、あらわれた。
この道数の天上官においては、あなたの吐蕃での功績をお誉めになって、天上から一時的に下界に下られた仙人とされたのです。

(訳注)
寄詞
1. (あなたにこの詩をおくります。)
2. ・薛濤と同時代で、呂姓で、侍御になった者には、呂元質・昌温・呂恭の三人がいる。このうち呂元質は、薛濤との関係がない。呂温と呂恭は兄弟で、どちらも侍御史であったことがある。呂温は、あざな和叙、また化光ともいった。呂謂の長男で、貞元十四年の進士。韋執誼とひじように親しかったことから、王叔文とも仲よく、左拾遺になり、やがて侍御史をもって張薦の吐蕃行き使節の副使をつとめた。在外中に王叔文一派(柳宗元のグループ)はそれぞれ中央政府からひどい適地へおいやられたが、呂温は、外國に足どめされていたことがかえって幸いして、罪せられずにすみ、帰国すると戸部員外郎へ昇進した。簹羣・羊士鍔と親しく、性格は腹黒いところがあり、遠州へおわれ、衡州へやられて、その地で四十歳でなくなっている。


菌閣芝樓杳靄中,霞開深見玉皇宮。
朝まだきの暗いもやのなかに、菌閣といわれ、霊芝の樓のある道教のお寺のいろいろな建物がねむっている。朝日がさしはじめ、かすみは幕を開き消えてゆき、そのずっと奥の方には、最上神天帝のお住まいになる玉皇宮(本殿)が、あらわれた。
3. ・菌閣芝棲 菌はまた芝ともいう。芝は霊芝で、ともに道教の寺の建物を美しく形容したもの。
4.
 ・杳靄 杳は暗い意。靄は、もや・かすみ。
5.
 ・玉皇(ぎょくこう) 天帝をいう。道教の最上神。


紫陽天上神仙客,稱在人間立世功。
この道数の天上官においては、あなたの吐蕃での功績をお誉めになって、天上から一時的に下界に下られた仙人とされたのです。
6. ・紫陽 道教の神仙につけられる称号。周の穆王の時の李八百は、紫陽貴君といい、漢の周義山および朱の張伯端は、ともに紫陽真君とよばれている。
7.
 ・神仙客 人間世界で一世をおどろかすような功績をたてた人をさす。その人は、もともと仙人だ。ここではそれが下界に一時おりて、そのような功績をたてたという考えで、この詩を贈る相手、呂温をさすものであろう。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
漢文委員会 紀 頌之(きのあきゆき))
年齢:
72
性別:
男性
誕生日:
1946/09/10
職業:
文学者
趣味:
中国文学
自己紹介:
漢詩から唐・宋詩まで基本となる詩人・詩集を各全詩訳注解説してゆく、その中で、これまで他ブログに、掲載した女性の詩を、手を加えて、整理して掲載してゆく。
これまで日本では紹介されていないもの、誤訳の多かった詩などを、時代の背景、出自、その他関連するものなどから正しい解釈を進めてゆく。
毎日、20000文字掲載しているので、また、大病後で、ブログコミュニケーションが直ちに取ることができないけれど、精一杯努力してお返事いたします。

P R