忍者ブログ

中国文学 李白・杜甫・韓愈・李商隠と女性詩 研究

詩の訳注解説をできるだけ物語のように解釈してゆく。中国詩を日本の詩に換えて解釈とする方法では誤訳されることになる。 そして、最終的には、時代背景、社会性、詩人のプロファイルなどを総合的に、それを日本人的な語訳解釈してゆく。 全体把握は同系のHPhttp://chubunkenkyu.byoubu.com/index.htmlを参照してもらいたい。

(1)中国史・女性論 《項羽と虞美人》漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10252

 

2018311

の紀頌之"6"つの校注Blog

口號王美人半醉

毛頴傳§5-2〔#14

昔遊-#3

孫光憲 河傳四首其二

#9 秋胡詩一首〔顏延之〕

(1) 《項羽と虞美人》

李白詩

韓愈詩

杜甫詩

花間集

玉臺新詠

古代史女性論

 

 

2018311

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

748年-2《同王送杜秀芝舉入京(卷十八(二)一○六四)》漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之の李白詩訳注解説Blog 10261

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

807年-06元和二年40歳《5.【字解集】》〔毛頴傳〕Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之Blog10255

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-230 昔遊-#3(卷二○(四)一七九五)注(1247)昔謁華蓋君 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10256

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (393)回目《孫光憲巻七50河傳四首其四》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10285 (03/10)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

玉臺・巻4•2-2 -#9 秋胡詩一首(高張生絶絃)〔顏延之〕 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 10258

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

(1)中国史・女性論 《項羽と虞美人》漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10252

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

 

1)中国史・女性論 《項羽と虞美人》漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ10252

 

 

 

 

中国史・女性論

 

 

1)中国史・女性論 《項羽と虞美人》

項羽と虞美人

 

§-1 楚・漢の抗争

1.秦末の群雄蜂起

2.項梁と項羽の挙兵

3.劉邦の人となり

4.鴻門の会

5.楚・漢の抗争

6.劉邦の挑戦

 


項羽と虞美人との悲恋を、歴史上に浮かび上がらせたのは、楚(項羽)・漢(劉邦)の抗争である。この戟いは、楚王項羽と漢王劉邦との覇権をめぐる死闘として知られているが、そのフィナーレをかざるのは「垓下の戦い」である。

そこで話しを、その歴史的背景ともいえる「楚・漢の抗争」から説きおこすことにしよう。

いや、もっと遡って、項羽と劉邦との挙兵について語る必要がある。

 

1. 秦未の群雄蜂起

紀元前221年、といえば日本では、弥生時代の初めであるが、中国では、戦国六雄國といわれる、趙、楚、齊、魏、燕、韓の諸国をつぎつぎに併合して、長年にわたって分裂してきた中原に、ひとまず統一をもたらした秦国王の政、後の始皇帝が秦帝国を創り上げた年である。ところが春秋・戦国時代以来数百年間、自由な風気になじんできた中原の人びとの間では、秦帝国の厳しい法律づくめの法家的統一政治をよろこばず、同時に、守旧派の利権と絡み合い、時あらば反乱をひきおこそうとする気運が容易にとれなかった。硬直化していた天下を一気に統一に導く国家的エネルギーはこの恐怖的中央集権的専制政治しか成し遂げられないものであった。

しかし、この急速な変化は不安定な政情であることには間違いなく、たまたま始皇帝が東方巡幸の途次、北中国の沙丘(河北省平郷)で急死すると、この機に乗じて、これまで外国遠征や大土木工事による労役や徴発になやまされてきた民衆の不満は一挙に爆発し、翌年にはまず楚国の東北部、いわゆる西楚―ここはいまの准河流域の安徽省・江蘇省北部地区で、当時富も文化も中原につぐところであった1に反乱の火の手があがった。その首謀者は、農民出身の陳勝と呉広とであった。かれらは土木工事に動員されて首都の成陽(西安)におもむく途中、大雨にあって日限におくれたため法律上死刑に処せられる運命にあった。秦では徴発の期限におくれたものは、理由の如何を問わず死刑を免れることはできなかった。そこで、かれらは同じ死ぬならと、西楚の彰城(江蘇省徐州市)を中心に反乱に立ちあがった。

この挙兵は、中国史上最初の農民反乱ともいわれるが、このとき陳勝がかかげたスローガンがおもしろい。

王、侯、将、相、あに種あらんや。

もっとくだいていえば、

人間男子と生まれたからには大事をせよ。王侯・大将・大臣とて別にちがう人間ではない。死ぬ覚悟でやれば、だれでもなれる。

という意味である。

『史記』陳渉世家

【題意】:王と諸侯・将軍・大臣となるのは血筋によらず、誰でも実力次第でなれる。

 

呉廣素愛人。士卒多爲用者。

將尉醉。廣故數言欲亡、忿恚尉、令辱之、以激怒其衆。

尉果笞廣。尉劍挺。廣起奪而殺尉。

陳勝佐之、并殺兩尉。

召令徒屬曰、公等遇雨、皆已失期。

失期當斬。藉第令毋斬、而戍死者、固十六七。

且壯士不死即已。死即舉大名耳。

王侯將相寧有種乎。徒屬皆曰、敬受命。

 

呉広、素より人を愛す。士卒、用を為さんとする者もの多し。

将尉、酔う。広、故さらに数しば亡げんと欲っすと言い、尉を忿恚せしめ、之れを辱かしめしめ、以って其の衆を激怒せしめんとす。

尉、果して広を笞つ。尉の剣、挺く。広、起ちて奪いて尉を殺ころす。

陳勝、之れを佐け、并せて両尉を殺す。

召して徒属くに令して曰く、公等、雨に遇い、皆、已に期を失なえり。

期を失なうは斬に当る。藉い、第だ斬らるること毋【なから】しむとも、戍の死する者は、固とに十に六七なり。

且つ壮士、死せずんば即ち已まん。死せば即ち大名いを挙げんのみ。

王侯、将相、寧くんぞ、種、有らんや、と。徒属く皆、曰く、敬しみて命を受ん、と。

 

呉広 秦末の農民。陳勝とともに秦に対する反乱(陳勝・呉広の乱)を起した。

忿恚 怒り憤らせること。

陳勝 農民反乱の指導者。字あざなは渉。呉広ごこうとともに秦に対する反乱を起こした。

徒属 仲間。

戍  辺境守備。

将相 大将と大臣。

種  血筋。

 

 

このスローガンは二千数百年前の一農民の口から出たとは思えないほど、人間平等の意識-農耕民族は太陽、土、水、など土着し、時期、或は繰り返しのひたむきな作業の結果収穫を迎えるという平等という概念を理解しやすい生産様式であり、騎馬民族の個人能力、天運によるという生産様式の違い―にめざめたことばであり、春秋・戦国時代以来中原民衆の自由で反骨的な風気を、一言のうちによくいいあらわしていると思う。

陳勝・呉広によって点火された農民反乱の火焔は、たちまち全土に波及し、やがて秦の厳しい統一政治に反感をいだく豪傑や瀞快の徒が、旧六回の王族や貴族たちを擁して各地に兵をあげた。秦末の群雄蜂起といわれるものである。これらの群雄のなかで、最後までいちだんと強い光を放っていた二つの星があった。楚の項羽と、のちの漠の高祖・劉邦とである。

徴発:人が所有する物を強制的に取り立てる行為のこと。北方の匈奴の脅威を除くために万里の長城を建設し、阿房宮などの宮殿と自己の巨大な陵墓を建設したが、その際に多数の農民を徴発した。

陳勝・呉広の乱:秦の始皇帝の死後の前209年に起こった農民反乱。翌年鎮圧されたが、秦滅亡をもたらすきっかけの乱である。始皇帝の死の翌年の前209年、秦の支配に対して起こされた農民反乱。この後に中国で続く、農民反乱の最初のものとして重要。その首謀者陳勝と呉広はいずれも貧農出身。かれらが反乱を起こすとたちまち中国全土で秦の圧政に対する不満が噴出して、各地で呼応する反乱が起こった。陳勝と呉広の軍は内紛から瓦解し、鎮圧されたが、それに誘発された農民出身の劉邦の挙兵、また楚の王族であった項羽の挙兵などが一挙に秦を滅亡させることとなる。

 

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
漢文委員会 紀 頌之(きのあきゆき))
年齢:
71
性別:
男性
誕生日:
1946/09/10
職業:
文学者
趣味:
中国文学
自己紹介:
漢詩から唐・宋詩まで基本となる詩人・詩集を各全詩訳注解説してゆく、その中で、これまで他ブログに、掲載した女性の詩を、手を加えて、整理して掲載してゆく。
これまで日本では紹介されていないもの、誤訳の多かった詩などを、時代の背景、出自、その他関連するものなどから正しい解釈を進めてゆく。
毎日、20000文字掲載しているので、また、大病後で、ブログコミュニケーションが直ちに取ることができないけれど、精一杯努力してお返事いたします。

P R