忍者ブログ

中国文学 李白・杜甫・韓愈・李商隠と女性詩 研究

詩の訳注解説をできるだけ物語のように解釈してゆく。中国詩を日本の詩に換えて解釈とする方法では誤訳されることになる。 そして、最終的には、時代背景、社会性、詩人のプロファイルなどを総合的に、それを日本人的な語訳解釈してゆく。 全体把握は同系のHPhttp://chubunkenkyu.byoubu.com/index.htmlを参照してもらいたい。

八、2.55 薛濤 《和郭員外題萬里橋 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9249

八、2.55 薛濤 《和郭員外題萬里橋 》

 

 

 

20171011

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

745年 n-55-#2 鳴皋歌奉餞從翁清歸五崖山居(卷七(一)五一二)漢文委員会Kanbuniinkai紀頌之Blog9237

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

806年-152 昌黎先生 巻八-03鬥雞聯句【案:韓愈、孟郊】-#7 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集9203

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-141#27 秋日夔府詠懷奉寄鄭監審李賓客之芳一百韻(卷一九(四)一六九九#27§9.-2注(1155) Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9232

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (263)回目牛希濟巻五37臨江仙七首其二》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9240 (10/11)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

文-巻23-39 悼亡詩二首其三 曜靈運天機 -#5 Ⅴ漢詩・六朝詩・文選・古詩源・唐宋詩詞漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 9199

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

八、2.55 薛濤 《和郭員外題萬里橋 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9249

杜甫全詩案内

愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

八、2.55 薛濤 《和郭員外題萬里橋 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9249

(郭員外様のこの「万里橋に題す」という詩に唱和する詩。)
郭員外さまは、萬里橋より一人で越に向かわれる寂しさをぎんじられました。そして、文字に記して詠われましたが、漢の郭伋の故事もあり、御帰りをおまちしています。
後漢の細侯は前任中の恩徳により風流なお迎えがあったのですが、それは帰ってきた時の事で、あなた様には、雨が細々と降って、まるでご出立を惜しみいやがっているようではございませんか。


 

 

 

薛濤詩 

 

 

52. 贈韋校書

芸香誤比荊山玉,那似登科甲乙年。
淡澹地鮮風將綺思,飄花散蕊媚青天。 

 

53. 酬辛員外折花見遺

青鳥東飛正落梅,銜花滿口下瑤台。

一枝為授殷勤意,把向風前旋旋開。

 

54. 酬郭簡州寄柑子

霜規不讓黃金色,圓質仍含御史香。
何處同聲情最異,臨川太守謝家郎。

 

55.  和郭員外題萬里橋

萬里橋頭獨越吟,知憑 文字 寫愁心。

細侯風韻兼前事,不止為舟也作霖。

 

56.  送鄭資州

雨暗眉山江水流,離人掩袂立高樓。

雙旌千騎駢東陌,獨有羅敷望上頭。

 

 

 

和郭員外題萬里橋 《薛濤》

 

 

訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9249

 

 

 

 

和郭員外題萬里橋
(郭員外様のこの「万里橋に題す」という詩に唱和する詩。)
萬里橋頭獨越吟,知憑文字寫愁心。
郭員外さまは、萬里橋より一人で越に向かわれる寂しさをぎんじられました。そして、文字に記して詠われましたが、漢の郭伋の故事もあり、御帰りをおまちしています。
細侯風韻兼前事,不止為舟也作霖。
後漢の細侯は前任中の恩徳により風流なお迎えがあったのですが、それは帰ってきた時の事で、あなた様には、雨が細々と降って、まるでご出立を惜しみいやがっているようではございませんか。

   

『和郭員外題萬里橋』 現代語訳と訳註
(
本文)

和郭員外題萬里橋

萬里橋頭獨越吟,知憑 文字 寫愁心。
細侯風韻兼前事,不止為舟也作霖。


(下し文)
郭員外萬里橋に題するに和す
萬里 橋頭にありて 獨り越吟す,文字に憑して愁心を寫すを知る。
細侯 風韻と前事とを兼ぬ,舟を為すに 也た霖を作すを止めず。


(現代語訳)
(郭員外様のこの「万里橋に題す」という詩に唱和する詩。)
郭員外さまは、萬里橋より一人で越に向かわれる寂しさをぎんじられました。そして、文字に記して詠われましたが、漢の郭伋の故事もあり、御帰りをおまちしています。
後漢の細侯は前任中の恩徳により風流なお迎えがあったのですが、それは帰ってきた時の事で、あなた様には、雨が細々と降って、まるでご出立を惜しみいやがっているようではございませんか。


(訳注)
和郭員外題萬里橋

1. (郭員外様のこの「万里橋に題す」という詩に唱和する詩。)
2. ・郭員外 前の“酬郭簡州寄柑子 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-192-58-#52   漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2507”と同じ人物を見送っての詩である。
3.
 ・萬里橋は今の成郡市の南門外の錦江に架けられている橋で、三国時代に奥の間へ使節となって出章する費韡を宰相の諸葛亮(孔明)が見返ったところで、費韡が「萬里の行、この橋より始まる」といったことから名づけられたもの。杜甫の草堂は、この橋の西にあり、杜詩に、「萬甲橋西一草堂」の句で有名である。薛濤の住居も、その近くにあった。ちなみに、「長星橋」から「万里橋」に改名されたとされる。現在は更に改名され「老南門大橋」となっている。


萬里橋頭獨越吟,知憑文字寫愁心。
郭員外さまは、萬里橋より一人で越に向かわれる寂しさをぎんじられました。そして、文字に記して詠われましたが、漢の郭伋の故事もあり、御帰りをおまちしています。

4. 万里橋 草堂の東にある。<万里橋>(ぽんりきょう) 成都市の市街南部、錦江に架かる。かつて船に乗って東航するときの起点であった。三国時代に蜀の費韡(?~253)が呉に使者として赴くさい、諸葛孔明(181~234)がここまで見送ってくると、費キが「万里の行も此の橋より始まる」といったのにちなみ、「長星橋」から「万里橋」に改名されたとされる。現在は更に改名され「老南門大橋」となっている。

 

細侯風韻兼前事,不止為舟也作霖。
後漢の細侯は前任中の恩徳により風流なお迎えがあったのですが、それは帰ってきた時の事で、あなた様には、雨が細々と降って、まるでご出立を惜しみいやがっているようではございませんか。
5. ・愁心(しゅうしん) さびしい心。
6.
 ・細侯 後漢の郭伋のあざな。郭伋は茂陵の人。王奔のときに井州の牧(長官)となった。のち、また幷州の牧に再任されると、前任のさい居民を愛したので、
居民の老幼みな喜び、児童数百が竹馬にのって着任を迎えた。今、薛濤が見送っている相手の姓が郭であるので、漢の郭伋の故事をつかったもの。
7.
 ・風韻 右にのべた郭伋の再任を迎えた時の風流な出迎えをいったもの。
8.
 ・前事 郭伋の前任中に恩徳をほどこしたことをいう。
9.
 ・作霜 霧雨、すなわちしとしとと降る長雨をふらせて、舟の出帆をはばんだこと。



杜甫『野望』
西山白雪三城戍,南浦清江萬裡橋
風塵諸弟隔,天涯涕淚一身遙。
惟將遲暮供多病,未有涓埃答聖朝。
跨馬出郊時極目,不堪人事日蕭條!

(野 望)
西山の白雪三城の戍【まもり】、南浦 清江の万里橋。
海内【かいだい】の風塵【ふうじん】に諸弟隔たり、天涯【てんがい】涕涙【ているい】一身 逢かなり。
惟 遅碁【ちぼ】を将て多病に供す、未だ涓埃【けんあい】の聖朝に答うる有らず。
馬に跨り郊を出で時に目を極むれば、堪えず人事の日とに粛条【しょうじょう】たるに。

遠くには西連峰の山々が白雪をいただくあたりに三城の要塞が見える。近くには成都、南の清らかな錦江の川浦があり、あの万里橋が見える。
いま天下には兵馬のちりを巻き起こす兵乱がうちつづくなか弟たちは遠く隔たっている。私は天の果て遙かにひとりさまよって涙をこぼし、喘ぐのである。
私はここで晩年を多年の病に向ってささげているばかりである。まだつゆちりほども聖天子の御恩に報いたてまつったことはないのである。
家を出て馬にまたがって成都の西郊外に、時時はるかに眺めわたしてみる。人間についての消息が日日にさびしくすがれていくのに堪えられぬ思いだ。

野望 七言律詩 成都5-(35) 杜甫 <460  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2385 杜甫詩1000-460-671/1500

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
漢文委員会 紀 頌之(きのあきゆき))
年齢:
71
性別:
男性
誕生日:
1946/09/10
職業:
文学者
趣味:
中国文学
自己紹介:
漢詩から唐・宋詩まで基本となる詩人・詩集を各全詩訳注解説してゆく、その中で、これまで他ブログに、掲載した女性の詩を、手を加えて、整理して掲載してゆく。
これまで日本では紹介されていないもの、誤訳の多かった詩などを、時代の背景、出自、その他関連するものなどから正しい解釈を進めてゆく。
毎日、20000文字掲載しているので、また、大病後で、ブログコミュニケーションが直ちに取ることができないけれど、精一杯努力してお返事いたします。

P R