忍者ブログ

中国文学 李白・杜甫・韓愈・李商隠と女性詩 研究

詩の訳注解説をできるだけ物語のように解釈してゆく。中国詩を日本の詩に換えて解釈とする方法では誤訳されることになる。 そして、最終的には、時代背景、社会性、詩人のプロファイルなどを総合的に、それを日本人的な語訳解釈してゆく。 全体把握は同系のHPhttp://chubunkenkyu.byoubu.com/index.htmlを参照してもらいたい。

八、2.36 薛濤 《賦凌云寺二首 其二 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9095

八、2.36 薛濤 《賦凌云寺二首 其二 》

 

2017910

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

745年 n-50 留別西河劉少府(巻十五(一)九一五)漢文委員会Kanbuniinkai紀頌之Blog

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

806年-135 先生-巻八-06納涼聯句【案:韓愈、孟郊】-#2 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集9077

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-141#10 秋日夔府詠懷奉寄鄭監審李賓客之芳一百韻(卷一九(四)一六九九#10§4.-3注(1155)夔州詠物八首の塞烏蠻北 Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9078

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (245)回目毛文錫巻五21柳含煙四首其三》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9086 (09/10)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

玉-巻二35 内顧詩二首其一靜居懐所歡 -#2〔潘岳〕 Ⅴ漢詩・六朝詩・文選・古詩源・唐宋詩詞漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 9073

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

八、2.36 薛濤 《賦凌云寺二首 其二 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9095

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

八、2.36 薛濤 《賦凌云寺二首 其二 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9095

(凌雲寺を二首、詩歌に詠む。その二)
凌雲寺には美しい花がさくことについても、うわさに聞いている。風があると、散る花は空を飛び(磴とあるから、石段が続く高い山中の寺であることがわかっている)石だたみのあたりを舞い、やがて岷江の方へずっと斜めに飛んでゆく。
時に嫦娥の住むという月がでないことがあっても、この散る花が仙宮の五色の霞のように、寺のあたりの美しきを感歎させるというもの。

 

 

 

 

唐・官妓  薛 濤 詩 

 


薛濤 《賦凌云寺二首》 
35
凌云寺里苔,風高日近纖埃。 
橫云點染芙蓉壁,似待詩人寶月來。 
  
36
凌云寺里花,飛空繞磴逐江斜。 
有時鎖得嫦娥鏡,鏤出瑤台五色霞。 

 

 

 

 

薛濤詩 35 《賦凌云寺二首 其一》

   


賦凌云寺二首 其一
(凌雲寺を二首、詩歌に詠む。)
凌云寺里苔,風高日近纖埃。
よく耳にするのは古き凌雲寺は苔に被われた中に立つ。風が高く吹き、寺は太陽に近い凌雲山の高い位置にあるので世俗のこまかい塵さえ全くない。
橫云點染芙蓉壁,似待詩人寶月來。
横たわっている雲を下に見て、あかあかと雲照りはえるときは仙郷の芙蓉壁の色にもなる。これは詩人が宝玉の仲秋の名月を詠うために来て待っているようなものである。


賦凌云寺二首 其二
(凌雲寺を二首、詩歌に詠む。その二)
凌云寺里花,飛空繞磴逐江斜。
凌雲寺には美しい花がさくことについても、うわさに聞いている。風があると、散る花は空を飛び(磴とあるから、石段が続く高い山中の寺であることがわかっている)石だたみのあたりを舞い、やがて岷江の方へずっと斜めに飛んでゆく。
有時鎖得嫦娥鏡,鏤出瑤台五色霞。
時に嫦娥の住むという月がでないことがあっても、この散る花が仙宮の五色の霞のように、寺のあたりの美しきを感歎させるというもの。

『賦凌云寺二首 其二』 現代語訳と訳註
(
本文)
 賦凌云寺二首 其二
凌云寺里花,飛空繞磴逐江斜。
有時鎖得嫦娥鏡,鏤出瑤台五色霞。


(下し文)
聞説 凌雲寺裏の花、空を飛び 磴を繞り 江を逐うて斜なり。
時に 嫦娥の鏡を鎖し得る有るも、鏤出す 瑤台五色の霞。


(現代語訳)
(凌雲寺を二首、詩歌に詠む。その二)
凌雲寺には美しい花がさくことについても、うわさに聞いている。風があると、散る花は空を飛び(磴とあるから、石段が続く高い山中の寺であることがわかっている)石だたみのあたりを舞い、やがて岷江の方へずっと斜めに飛んでゆく。
時に嫦娥の住むという月がでないことがあっても、この散る花が仙宮の五色の霞のように、寺のあたりの美しきを感歎させるというもの。


(訳注)
賦凌云寺二首 其二

12.
(凌雲寺を二首、詩歌に詠む。その二)
凌雲寺は、今の四川省楽山縣(唐代の嘉州府)から、眠江をわたった対岸にそびえる凌雲山(九頂山)にあり、唐代に創建されたもの。この寺については以下の詩がある。
司空曙『題凌云寺』
春山古寺繞滄波,石磴盤空鳥道過。
百丈金身開翠壁,萬龕燈焰隔煙蘿。
云生客到侵衣濕,花落僧禪覆地多。 
不與方袍同結社,下歸塵世竟如何。
題凌云寺 司空曙 唐五代詞・宋詩 薛濤-172-44-#36-2  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2407
薛能『凌云寺』
像閣与山齋,何人致石梯。
万烟生聚落,一崦露招提。 
霽月人来上,残阳
去栖。
亦已极,烽火是沈黎。

凌云寺 薛能 唐五代詞・宋詩 -173-45-#36-3  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2412


凌云寺里花,飛空繞磴逐江斜。
凌雲寺には美しい花がさくことについても、うわさに聞いている。風があると、散る花は空を飛び(磴とあるから、石段が続く高い山中の寺であることがわかっている)石だたみのあたりを舞い、やがて岷江の方へずっと斜めに飛んでゆく。
13.・磴 石段。


有時鎖得嫦娥鏡,鏤出瑤台五色霞。
時に嫦娥の住むという月がでないことがあっても、この散る花が仙宮の五色の霞のように、寺のあたりの美しきを感歎させるというもの。
14.・嫦娥鏡 鏡は月。嫦娥は、月中に住むという仙女。もと天宮の仙女であったが、王母の薬を盗んで月中に逃げたという神話がある。
薛濤『試新服裁制初成三首 其一』
紫陽宮里賜紅綃,仙霧朦朧隔海遙。
霜兔毳寒冰繭淨,嫦娥笑指織星橋。
15.
・嫦娥/姮娥 『准南子』に「翠、不死の薬を西王母に請ふ。その妻檀紙、これを病みて月官に奔る」とみえる。・誇蛾 恒蛾、嫦娥、常娥、娥娥 蛾娥など 神話中の女性。神話の英雄、羿(がい)が西方極遠の地に存在する理想国西王母の国の仙女にお願いしてもらった不死の霊薬を、その妻の嫦娥がぬすみ飲み、急に身軽くなって月世界まで飛びあがり月姫となった。漢の劉安の「淮南子」覧冥訓に登場する。なお、魯迅(1881l936)にこの神話を小説化した「羿月」がいげつと題する小説がある。ここでは占いの雰囲気作りには妙齢な女性の神、巫女が登場という。
試新服裁制初成三首 其一 薛濤 唐五代詞・宋詩 薛濤-164-36-#29  漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ2367
16.
・鏤出 鏤は金属をちりばめること。
17.
・瑤台 玉のうてな、りつばな宮殿。「淮南子」 に「放軍瑤台を為る」とある。また、仙人のいる所。
李白『古朗月行』
小時不識月、呼作白玉盤。
又疑瑤台鏡、飛在青云端。 
仙人垂兩足、桂樹何團團。 
白兔搗藥成、問言與誰餐。

古朗月行 #1 李白 Kanbuniinkai紀頌之の漢詩李白特集 264/350


李白『清平調詞三首 其一』
云想衣裳花想容、春風拂檻露華濃。 
若非群玉山頭見、會向瑤台月下逢。

清平調詞 三首 其一 李白 :Kanbuniinkai紀頌之の漢詩 李白160/350

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
漢文委員会 紀 頌之(きのあきゆき))
年齢:
71
性別:
男性
誕生日:
1946/09/10
職業:
文学者
趣味:
中国文学
自己紹介:
漢詩から唐・宋詩まで基本となる詩人・詩集を各全詩訳注解説してゆく、その中で、これまで他ブログに、掲載した女性の詩を、手を加えて、整理して掲載してゆく。
これまで日本では紹介されていないもの、誤訳の多かった詩などを、時代の背景、出自、その他関連するものなどから正しい解釈を進めてゆく。
毎日、20000文字掲載しているので、また、大病後で、ブログコミュニケーションが直ちに取ることができないけれど、精一杯努力してお返事いたします。

P R