忍者ブログ

中国文学 李白・杜甫・韓愈・李商隠と女性詩 研究

詩の訳注解説をできるだけ物語のように解釈してゆく。中国詩を日本の詩に換えて解釈とする方法では誤訳されることになる。 そして、最終的には、時代背景、社会性、詩人のプロファイルなどを総合的に、それを日本人的な語訳解釈してゆく。 全体把握は同系のHPhttp://chubunkenkyu.byoubu.com/index.htmlを参照してもらいたい。

九、007卷804_7 《賣殘牡丹 》 魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9676

九、007804_7 《賣殘牡丹》 魚玄機

 

20171212

の紀頌之"6"つの校注Blog

10年のBLOGの集大成

   李白総合案内

 

●古代中国の結婚感、女性感,不遇な生き方を詠う 三国時代の三曹の一人、三国時代の「詩神」である曹植の詩六朝謝朓・庾信 後世に多大影響を揚雄・司馬相如・潘岳・王粲.鮑照らの「賦」。、現在、①李白集校注詩全詩、②昌黎先生集全40巻他全詩、③杜詩詳注、④花間集、⑤玉臺新詠、⑥薛濤詩 全訳注解説

Ⅰ李白詩(李白集校注)      LiveDoor

746-017-#2卷一七八 經下邳圮橋懷張子房(卷二二(二)一二九八)Ⅰ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之 李白詩集Blog9650

Ⅱ韓昌黎詩集・文集校注      LiveDoor

807年元和二年40歳- 巻一-01元和聖德詩 #2 Ⅱ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之韓愈詩集9700

Ⅲ 杜詩詳注                  LiveDoor

767年-176 社日兩篇其二(卷二○(四)頁一七五○)注(1192) Ⅲ 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9694

杜甫詩 全詩 総合案内 

Ⅳブログ詩集漢・唐・宋詞  fc2Blog

花間集 訳注解説 (319)回目顧巻六38《虞美人六首其五 》 漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9681 (12/12)

.唐五代詞詩・女性・玉臺新詠     Livedoor

巻三 【字解集】 14.爲顧彦先贈婦往反四首  18.雜詩一首 Ⅴ漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の玉臺新詠巻二ブログ 9640

Ⅵ唐代女性論ブログ唐代女性論

九、007卷804_7 《賣殘牡丹 》 魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9676

杜甫全詩案内

韓愈全詩案内

李白全集

李白詩のサイト

古詩源

花間集案内

漢詩・唐詩・宋詩研究

http://kanbunkenkyu.web.fc2.com/

九、007804_7 《賣殘牡丹 》 魚玄機 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9676

(自分の知性、才力を理解できない花園に咲く牡丹は売れ残るものもでるが、もし、そうした能力を評価し、理解する力がある花園に植えられた者であれば身に余る評価を受けたであろう、今度会ったならそのことを後悔することであろう。)

春の突風が牡丹の花に吹き付ける晩秋の季節には咲き誇っていた牡丹の花もなげきをともなって落ちている。かぐわしい花の香りが漂っていたのに知らぬまに、この盛春、そしてまた、晩春と過ぎていこうとしている。

私は評価を受け、ある程度の小金を蓄積出来ているので、いまさら、安く自分を売ろうとは全く思っていない。そして女としての香り(プライド)、詩文にする才能があるので、生半可の男は近寄っては来ることはできない。

この私の性的な魅力は九重の奥深い所に大切にされるほどのものである。そこいらの男なら、その男の意に染められることなどありはしない、だから、今、そこらあたりの路傍にあったとしても、今は構わないことである。

このボタンが例えば、そこらの庭に根を張ったのではなく、天子の上林御苑高貴なところに植えられたものであったなら、もっとお金をもらうことが出来るであろうし、王族、貴人の子弟程度のものに買ってもらおうとする恨み言はなかったのである。

 

 

 

 

魚玄機 全詩 

 

 

九、000《魚玄機の全詩 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9578

九、001804_1《賦得江邊柳 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9585

九、002804_2《贈鄰女 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9592

九、003804_3《寄國香 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9599

九、004804_4《寄題錬師  》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9606

九、005804_5《寄劉尚書  》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9613

九、006804_6《浣紗廟 》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9620

九、007804_7《賣殘牡丹》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9627

九、008804_8《酬李學士寄簟》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9634

九、009804_9《情書(書情寄李子安)》漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9641

九、010804_10《閨怨》 漢文委員会kanbuniinkai 紀 頌之 ブログ9648

 

 

 

魚玄機《賣殘牡丹》

 

 

訳注解説

 

 

漢文委員会kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ9676

 

 

全唐詩 卷804_7 【賣殘牡丹】魚玄機


賣殘牡丹
(自分の知性、才力を理解できない花園に咲く牡丹は売れ残るものもでるが、もし、そうした能力を評価し、理解する力がある花園に植えられた者であれば身に余る評価を受けたであろう、今度会ったならそのことを後悔することであろう。)

臨風興嘆落花頻,芳意潛消又一春。
春の突風が牡丹の花に吹き付ける晩秋の季節には咲き誇っていた牡丹の花もなげきをともなって落ちている。かぐわしい花の香りが漂っていたのに知らぬまに、この盛春、そしてまた、晩春と過ぎていこうとしている。

應為價高人不問,卻緣香甚蝶難親。

私は評価を受け、ある程度の小金を蓄積出来ているので、いまさら、安く自分を売ろうとは全く思っていない。そして女としての香り(プライド)、詩文にする才能があるので、生半可の男は近寄っては来ることはできない。

紅英只稱生宮裏,翠葉那堪染路塵。

この私の性的な魅力は九重の奥深い所に大切にされるほどのものである。そこいらの男なら、その男の意に染められることなどありはしない、だから、今、そこらあたりの路傍にあったとしても、今は構わないことである。

及至移根上林苑,王孫方恨買無因。

このボタンが例えば、そこらの庭に根を張ったのではなく、天子の上林御苑高貴なところに植えられたものであったなら、もっとお金をもらうことが出来るであろうし、王族、貴人の子弟程度のものに買ってもらおうとする恨み言はなかったのである。

(賣残の牡丹)
風に臨んで落花の頻なるを興嘆し、芳意又一春潜に消ゆ。
應に價高きが為に人 問はざるなるべし、却て香甚だしきに練って 蝶 親しみ難し。
紅英只稱ふ 宮裏に生まるるに、翠葉那んぞ堪えん 路塵に染まるに。
根を上林苑に移すに至るに及んで、王孫方に恨まん 買ふに困なきを。

 

 

『賣殘牡丹』 現代語訳と訳註
(
本文)
臨風興嘆落花頻,芳意潛消又一春。
應為價高人不問,卻緣香甚蝶難親。
紅英只稱生宮裏,翠葉那堪染路塵。
及至移根上林苑,王孫方恨買無因。


(下し文)
(賣残の牡丹)
風に臨んで落花の頻なるを興嘆し、芳意又一春潜に消ゆ。
應に價高きが為に人 問はざるなるべし、却て香甚だしきに練って 蝶 親しみ難し。
紅英只稱ふ 宮裏に生まるるに、翠葉那んぞ堪えん 路塵に染まるに。
根を上林苑に移すに至るに及んで、王孫方に恨まん 買ふに困なきを。


(現代語訳)
(自分の知性、才力を理解できない花園に咲く牡丹は売れ残るものもでるが、もし、そうした能力を評価し、理解する力がある花園に植えられた者であれば身に余る評価を受けたであろう、今度会ったならそのことを後悔することであろう。)

春の突風が牡丹の花に吹き付ける晩秋の季節には咲き誇っていた牡丹の花もなげきをともなって落ちている。かぐわしい花の香りが漂っていたのに知らぬまに、この盛春、そしてまた、晩春と過ぎていこうとしている。

私は評価を受け、ある程度の小金を蓄積出来ているので、いまさら、安く自分を売ろうとは全く思っていない。そして女としての香り(プライド)、詩文にする才能があるので、生半可の男は近寄っては来ることはできない。

この私の性的な魅力は九重の奥深い所に大切にされるほどのものである。そこいらの男なら、その男の意に染められることなどありはしない、だから、今、そこらあたりの路傍にあったとしても、今は構わないことである。

このボタンが例えば、そこらの庭に根を張ったのではなく、天子の上林御苑高貴なところに植えられたものであったなら、もっとお金をもらうことが出来るであろうし、王族、貴人の子弟程度のものに買ってもらおうとする恨み言はなかったのである。

 

(訳注)
賣殘牡丹
1.
 (自分の知性、才力を理解できない花園に咲く牡丹は売れ残るものもでるが、もし、そうした能力を評価し、理解する力がある花園に植えられた者であれば身に余る評価を受けたであろう、今度会ったならそのことを後悔することであろう。)

2. この詩は、作者が、李億に捨てられて長安に締り、咸宜観にはいってから綠翹を殺すにいたるまでの問の作と思われる。牡丹に自己を喩えたもので、この時代、第二婦人など、夫を凌駕する知性と、才力、を持った女子は、いずれの時期には棄てられるのは覚悟の上の事である。しかし、自分の気持ちを率直に述べるというのは中国の歴史の中で目を見張らせるものがある。この詩を以て憐れと感じて解釈するのは間違いである。芸妓のプライドは愛より、金であるということである。詩には嘆くとか憾むとか入っているが棄てられた女というより強く生き行く抜くことを感じる。この時代にかかわらず、芸妓の世界で、男性以上の律詩を書く女性としての矜持を感じるし、したたかに生きていくたくましい女性を感じるものである。

 

臨風興嘆落花頻,芳意潛消又一春。
春の突風が牡丹の花に吹き付ける晩秋の季節には咲き誇っていた牡丹の花もなげきをともなって落ちている。かぐわしい花の香りが漂っていたのに知らぬまに、この盛春、そしてまた、晩春と過ぎていこうとしている。

3. ・興嘆 興は心の動くこと。嘆はなげく。
4.
 ・落花(らくか) 萎れて花びらを落とす。女性が歳を取ってゆくこと、子供を産めなくなることを言う。
5.
 ・芳意(ほうい) 花の、花としての誇らしい心。女として誇らしく生きてゆくこと。

6. ・一春 春は早春、盛春、晩春の三春であり、その内の一春が「消」となること、盛春、そしてまた、晩春と過ぎていくという意味である。この語も、女性の色香が歳とともに、衰えることを言う。

 

應為價高人不問,卻緣香甚蝶難親。
私は評価を受け、ある程度の小金を蓄積出来ているので、いまさら、安く自分を売ろうとは全く思っていない。そして女としての香り(プライド)、詩文にする才能があるので、生半可の男は近寄っては来ることはできない。

7. ・香(こう) かおり。におい。よい詩も作れるほどの教養をさす。魚玄機にこの詩人としての矜持があるから長安に戻ってきたのである。

8. ・蝶(ちょう) 男性をさす。身分の高いものは、通い婚のような形態であったため、張を男性に譬える。

 

紅英只稱生宮裏,翠葉那堪染路塵。
この私の性的な魅力は九重の奥深い所に大切にされるほどのものである。そこいらの男なら、その男の意に染められることなどありはしない、だから、今、そこらあたりの路傍にあったとしても、今は構わないことである。

9. ・紅英 英は花びら。花。女性の局所を指す。

10. ・翠葉(すいよう) 緑の葉。男性精気を示す。


及至移根上林苑,王孫方恨買無因。

このボタンが例えば、そこらの庭に根を張ったのではなく、天子の上林御苑高貴なところに植えられたものであったなら、もっとお金をもらうことが出来るであろうし、王族、貴人の子弟程度のものに買ってもらおうとする恨み言はなかったのである。

11. ・上林苑 「史記」の「始皇紀」に、「朝官を沼南の上林苑中につくり、まづ前殿阿房をつくる」とある。それ以来、天子の御苑を一般に上林苑という。

12. ・王孫(おうそん) 貴人の子弟。貴公子。「史記」の推陰侯伝に、「吾、王孫を哀んで食を進む」とある。「楚辞・招隠士」 「王孫遊兮不帰、春草生兮萋萋」(王孫遊びて帰らず、春草生じて萋萋たり)・・王孫 楊 王孫(よう おうそん、生没年不詳)は、前漢の武帝の時代の人。自らを裸葬にさせた。 黄老の術を学び、家は千金を生む仕事を行っていた。

謝靈運『登池上樓』「池塘生春草,園柳變鳴禽。」登池上樓 #1 謝霊運<25>#1  詩集 395 kanbuniinkai紀 頌之漢詩ブログ1002
謝霊運『悲哉行』
萋萋春草生,王孫遊有情,差池鷰始飛,夭裊桃始榮,
灼灼桃悅色,飛飛燕弄聲,檐上雲結陰,澗下風吹清,
幽樹雖改觀,終始在初生。
悲哉行 謝霊運(康楽) 詩<76-#1>Ⅱ李白に影響を与えた詩502 kanbuniinkai紀頌之の漢詩ブログ1323
13.
 ・買無因 もはや買う方法がない。多くの詩人が詠う語である。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
漢文委員会 紀 頌之(きのあきゆき))
年齢:
71
性別:
男性
誕生日:
1946/09/10
職業:
文学者
趣味:
中国文学
自己紹介:
漢詩から唐・宋詩まで基本となる詩人・詩集を各全詩訳注解説してゆく、その中で、これまで他ブログに、掲載した女性の詩を、手を加えて、整理して掲載してゆく。
これまで日本では紹介されていないもの、誤訳の多かった詩などを、時代の背景、出自、その他関連するものなどから正しい解釈を進めてゆく。
毎日、20000文字掲載しているので、また、大病後で、ブログコミュニケーションが直ちに取ることができないけれど、精一杯努力してお返事いたします。

P R